お酢がすき

皆さんこんにちは、それでは開けてみたいと思います

台湾の最強美肌ケア!廣源良の緑豆洗容素

台湾に行って女子へ配るお土産を検索していたところ、どうやら緑豆洗容素という最強の洗顔料があるとのこと。

 

早速画像を元に探してみました。

f:id:erinakosakana:20180328010410j:image

しかし、なかなか無い!

薬局を5店舗ほど回ったけどありません。

 

やっと見つけたと思ったら、なんとパッケージが変わってました。

以前の物よりも大容量で、袋分けになったみたいです。

 

f:id:erinakosakana:20180328013055j:image

こんな感じの箱で、袋が20袋入っています。

価格は大体600円くらいだったと記憶しています。一袋30円くらいですね。

 

この一袋は10g入りで、私はパック3〜4回分です。

 

洗顔としても使えるし、パックにしてもOKなんですが、おススメはやっぱりパックです。

 

ぬるま湯と、ティースプーン2杯ほどを手のひらで混ぜ混ぜ。

蜂蜜を加えてるとさらにお肌がいい感じになります。

 

私のパックの時間は大体5〜10分くらいです。

カピカピになるのですが、他の方を見ていたらホットタオルを乗せている方もいました。

ホットタオルはすぐ冷めちゃうので、その場合は3分くらいでしょうか。

 

そしてぬるま湯で洗い流すと、お肌がつるん!となっています。

お肌の脂や汚いものが流れ落ちた感じの手触り…!

自然素材(緑豆、ハトムギ、黄豆、とうもろこしデンプン)なので安心だし、使用後はお肌の色が明るくなるのが嬉しいです。

 

ちなみに、使用期限は2年なのでまとめ買いもいいかと思いますが、日本ではお高めに値段設定された通販しかなさそうですね…。

というか、ブーム終わってる感ある?

こんなに良いのに…。

 

美容好きな方、台湾に行った際には是非お試しくださいー!

 

 

福岡大盛りシリーズ①定食ほぼ500円均一!ご飯大盛りが凄い多津田食堂

こんにちは。

今日は福岡の大盛り店を紹介していきたいと思います。

 

高くて大盛りなんて、いくらでもできると思うので、私が「凄い!」と感動するのは安くての大盛り。

学生向けの大盛りです。

金額的には1000円以下。できれば700円以下が理想です。

 

梅光園団地のすぐ近くにある

多津田食堂はかなりのイチオシ食堂です。

 メニューはほぼ500円均一。

注文が入ってからの手作りで金額以上の美味しさがあります。

 

店内はカウンターのみ。

f:id:erinakosakana:20180303163204j:image

店長さん1人で切り盛りしています。

最初はちょっと厳しい人なのかな?

と思ったんですが、寡黙に仕事をするだけで笑顔がとてもかわいい方でした。

 

f:id:erinakosakana:20180303124611j:imagef:id:erinakosakana:20180303124621j:image

最初に頼んだのは焼肉定食。(500円)

タクアンも貰えます。

コチジャン?もついていて、熱々のピリ辛で美味しい。お野菜にもしっかり味がついています。

 

さて大盛りのお店なので、連れがご飯の大盛りを注文。

大丈夫か聞かれます。

ちなみにご飯の大盛りは+100円です。

お残しやシェアは禁止です。

大盛りにしなくても多めなので、普通の男性は大盛りじゃなくても満足できると思います。

てんこ盛りになったご飯はインスタ映えそのもの…!(写真1枚目がご飯大盛り)

 

店長さんが気を利かせて私のは少なめにしてくれました。なので2枚目の写真はご飯少なめです。

ご飯少なめでも普通の量です。

 

 

近日中に再び訪問。

f:id:erinakosakana:20180303124651j:imagef:id:erinakosakana:20180303124658j:image

2回目の訪問は、店長さんにオススメ的な物を聞きました。

豚味噌煮定食(500円)です。

写真1枚目はご飯の普通盛りですね。深いお茶碗にたっぷり!

 

甘辛いタレに、お肉の旨味がたっぷり溶け込んでいてとっても美味しいです!!


店長さんはコラーゲンたっぷりと言っていましたが、正にその通り。美容にも良さそうです。

ここは思い切ってご飯にぶっかけて食べましょう。(店長さんオススメの食べ方)

 

タレだけでもご飯のおかずになりますが、
柔らかくなった豚肉、もやしが更にご飯への食欲を増加させてくれて、限界を超えて食べてしまいました。

 

f:id:erinakosakana:20180303124707j:image

オムレツやハンバーグなど、子供でも嬉しいメニューもあります。

カウンターのみですが、子供もOKなお店でした。背もたれとかはないので、小学生以上のお子さん推奨ですが。

 

f:id:erinakosakana:20180303124715j:image

 味のある外観。

ずっと続いてほしいお店です…。

 

多津田食堂

福岡県福岡市中央区六本松4丁目7−3

定休日:日曜日

Googleマップには22時閉店と書いていましたが、20時頃のれんを入れていたので、20時までの入店がいいと思います。

その日その日で変わるかもしれませんが。

台湾台中の宮原眼科はアンティーク感たっぷり!お土産のグラフィックデザインも最高です。

さてさて、初台湾です。

今回もアラサーおばちゃんといつも一緒に旅行してくれる、可愛い大学生男子とグループで行ってきました。

 

台湾といえば、いつも行っている沖縄の八重山諸島から見えるんですよね。

ということは南国のはず。

そう思って行くと12月の台北が普通に寒い…。

昼間は秋物でいけるんですけど、夜はコートは必要でした。

 

ですが、台中に行って驚きが…!

(え!なま温かい…!!)

完全に南国の風で、大好きなやつです。

今度から冬に来るときは台中にしようと誓った私です。

 

今回の目的地は宮原眼科というお店です。

名前の通り、日本統治時代に眼科をやっていた建物です。

台湾は日本人による日本統治時代に、大きな水力発電所を作ったり、インフラ整備や児童が教育を受けられるようにしたこともあり、親日家の国で知られています。

 

ですが一方で霧社事件などもあって、一概に新日家ばかりではないのでは?と思っていましたが、行ってみると皆さんが日本人にとても優しいことがわかります。

タクシーの運転手さんは、「中国人や韓国人はそうは思わないけど日本人は友達だよ」

と言っていました。これは海外の地で言われるとかなり嬉しいですね。

 

台湾は九州と同じくらいの面積らしいですね。

台北が北九州だとしたら、台中は熊本くらいでしょうか?

f:id:erinakosakana:20180302233310p:plain

1000円自販機の台湾版がありました。

アジア人の若者が前で盛り上がってます。

 

ぜひ日本のyoutuberの人に行ってもらいたいですね。

ちなみに私はHIKAKINさん、水溜りボンドさん、フィッシャーズさん、らんたいむさんが好きです。

f:id:erinakosakana:20180226102530j:image

f:id:erinakosakana:20180226102540j:image

お昼ごはんできるところを求めてウロウロ。

エスカレーター止まってるビルを発見!

わくわく。

 

f:id:erinakosakana:20180226102550j:image

お店は機能してます。

f:id:erinakosakana:20180226102602j:image

飲食店はやってないですね。

f:id:erinakosakana:20180226102612j:image

外観です。

f:id:erinakosakana:20180226102623j:image

台湾はアーケードが多いですね。

雨が多いからでしょうか?日傘をさして歩かなくてもいいのが楽ですね。

f:id:erinakosakana:20180226102632j:image

やっと入ったチェーン店の丼屋さん。

なかなか美味しかったです。

箸袋にいらっしゃいの平仮名が見えますね。

f:id:erinakosakana:20180226102640j:image

台湾で一番美味しいと思ったお茶です。

記念に写メしてしまうくらい美味しかったです。

f:id:erinakosakana:20180226102846j:image

着きました。

1Fはアイスを売っていて、立ちながら食べているアジア人が大勢いました。

f:id:erinakosakana:20180226102855j:imagef:id:erinakosakana:20180226102914j:image

蟻がかわいい。

f:id:erinakosakana:20180226102921j:image

クリスマス仕様になってました。

f:id:erinakosakana:20180226102930j:image

吹き抜けです。

アイスのところとは区切ってあるんですが、こちらの1Fにはお菓子が並んでいます。

f:id:erinakosakana:20180226102941j:imagef:id:erinakosakana:20180226102949j:image

鏡張りの部分から2Fのレストランにいけます。

天井がガラス窓で明るい光が差込みます。

f:id:erinakosakana:20180226103010j:image

2Fのレストランです。

純粋なアンティーク感を楽しみたかったので、クリスマス仕様はちょっと残念でしたが十分満足できました。

f:id:erinakosakana:20180226103017j:image

素敵すぎるデザイン!!

f:id:erinakosakana:20180226103024j:image

アフタヌーンティの時間に行きました。 14:30〜17:30です。

ここのレストランは、ある程度の金額を使わないと利用できないのですが、400元くらいのお茶セットを頼めばOKでした。

正確な金額を忘れてしまいましたが、他の方はお茶セット385元を書いてあったので、まあそのくらいです。日本円だと1400円くらいですね。

 店員さんは日本語OKの人もいます。

制服がめちゃくちゃかわいいです。

f:id:erinakosakana:20180226103038j:image

3Fは展示と、化粧室でした。

化粧室がとんでもなくおしゃれなので、ぜひ行ってみてください。

f:id:erinakosakana:20180226103044j:imagef:id:erinakosakana:20180226103100j:image

刺さったクラシカルなデザイン。昔のままでしょうか。素敵すぎです。

f:id:erinakosakana:20180226103108j:imagef:id:erinakosakana:20180226103116j:image

台湾の人って蝶々が好きな印象があります。

f:id:erinakosakana:20180226103124j:imagef:id:erinakosakana:20180226103131j:imagef:id:erinakosakana:20180226103139j:image

買ったお土産です。

CDパッケージになってて素敵すぎました。袋もかわいい。

f:id:erinakosakana:20180226103227j:image

おうちのCD棚に入れてもおしゃれ!

CDパッケージの他にも色々工夫があるパッケージがありました。

何度でも行きたいお店です。

 

情報載せときます。

台湾のタクシー運転手は英語だと住所を読めない人が多いので、

漢字の住所を見せることをおすすめします。

 

 

宮原眼科(2Fレストランは醉月樓沙龍)

台中市中山路20号

 醉月樓沙龍 | 宮原眼科

 

恐怖心との戦い!宮古島ムイガー断崖


f:id:erinakosakana:20180111225109j:image

地下ダム資料館の帰り、いよいよ強風が酷くなってきました。サトウキビ畑がすごいことに……。

 

明日の飛行機飛ぶのかな?と心配になりながら移動していると、ムイガーという手作りの看板を発見。

 

何やら気になるということで、Googleマップの口コミをみると…

 

f:id:erinakosakana:20180111230340j:image

楽しそう!!

 

駐車場らしき、ちょっとした広場は車4台ほどしか停められそうになく、

そこから上に登る道がありました。

おそらく登るのが一般的なコースなのでしょう。

 

でも気になったのはやっぱり危険コース。

ここからは動画を撮ったのですが、動画が載せられなかったため、スクショしてます。

 

f:id:erinakosakana:20180111230903p:image

駐車場の登りとは反対側にある、こういう道を見つけないといけません。

f:id:erinakosakana:20180111230934p:image

f:id:erinakosakana:20180111230943p:image

とにかくひどい道です。

f:id:erinakosakana:20180111231008p:image

獣道を抜けると海が見えてきます。

 f:id:erinakosakana:20180111231113p:image

そしていきなりの崖!

 

f:id:erinakosakana:20180111225228j:image

f:id:erinakosakana:20180111225128j:image

見えました!

台風の強風でヤバいです。

本当に危ないです。(なんだここ……)

f:id:erinakosakana:20180111231046p:image

あっちの方に皆行ってるのかな。

f:id:erinakosakana:20180111231351p:image

左側の景色です。

葉っぱで崖感が感じられるでしょうか。

 

危ない思いをしたい方はどうぞ。

 

 

ムイガー断崖
〒906-0000 沖縄県宮古島市城辺
https://goo.gl/maps/cytPDXaPUvj

 

宮古島の隠れ良スポット!地下ダム資料館

先日行った宮古島の地下ダム資料館の記事を書くのをすっかり忘れていました。

 

ダムマニアほどではないのですが、私はこの地下ダム資料館のために宮古島に行ったと言っても過言ではありません。

f:id:erinakosakana:20171105225043j:image

台風の中、レンタカーで向かいます。

私達が着くとお客さんは1人。

まず最初に15分くらいの映像を見てからの入場になります。

f:id:erinakosakana:20171105225048j:image

f:id:erinakosakana:20171105225052j:image

スタッフの方が地図を使って説明してくれました。

「ここの橋行かれました?」

「橋…?いや、行ってないです」

「1番人気の観光スポットなんですけど…」

「そうですか…」

「…宮古島は何を見に来られたんですか?」

「まあ、ここ(資料館)なんですが…」

「え…ここ…」

「ですね……」

「……」

「……」

 

ダムマニアの方がもっと来てらっしゃるかと思いましたが、スタッフさんの反応から見るとあまりマニアが来ないんですかね…?

 

スタッフさんに許可を得て館内を撮影してみました。

ほかのブログに撮影禁止と書いてましたが、聞いてみると「撮影禁止というのは聞いたことないです」と言っていました。

謎。変わったんでしょうか。

f:id:erinakosakana:20171105225055j:image

f:id:erinakosakana:20171105225059j:image f:id:erinakosakana:20171105225107j:image

なかなかイケてる展示物がたくさん。

ボーリングは大好物です。

f:id:erinakosakana:20171105225110j:image

外です。

地下ダムを唯一感じられる良スポット…。

水質観測用の地上露出部らしいです。

f:id:erinakosakana:20171105225112j:image

f:id:erinakosakana:20171105225116j:image

水がもう少しあれば……

f:id:erinakosakana:20171105225120j:image

住んでいます!

f:id:erinakosakana:20171105225123j:image

f:id:erinakosakana:20171105225128j:image

f:id:erinakosakana:20171105225131j:image

f:id:erinakosakana:20171105225136j:image

f:id:erinakosakana:20171105225309j:image

宮古島のダムを周ると資料館でダムカードが貰えます。

ここ以外は人がいないので、ダムに行った自撮りの写メを撮っておくと、資料館で証拠として提出できます。

 なのでカードが全種類欲しい方は、資料館を最後に行くといいと思います。

 

ダムカードについてはこちらに記載されていますのでご確認ください。

http://ogb.go.jp/nousui/nns/miyakoirabu/damcard.html

 

 

ちなみに…少し車でいくと付近に地下ダム公園があります。

こちらもダムカードを貰えるスポット。

f:id:erinakosakana:20180111222833j:image

 

f:id:erinakosakana:20180111223246j:image

f:id:erinakosakana:20180111222859j:image

こんな感じで干上がってるし、草を見てもらえるとわかると思うんですが台風の強風が凄すぎて大変でした。

特にダムを感じるわけでもないのですが、

水位を観測する施設らしいので、なんだかワクワクしますね!

 

 

 

【地下ダム資料館】

 

〒906-0000 沖縄県宮古島市城辺福里1645−8 

 

0980-77-7547

 

入場料:300円

開館時間:4~9月 9:30~18:15  

10~3月 8:30~17:15
休館日:毎週月曜日

 

タイガーエアにキャリーバッグを機内持ち込みしてみた

福岡空港からタイガーエアで台湾まで行きました。

福岡空港の国際線って、レストランがほとんどないんですね!

国際線は初めて利用したので驚きました。

 

それなりの利用者がいるにも関わらず、薄っすらとした空港のWiFiと4件程度の飲食店。

 

f:id:erinakosakana:20171211094115j:image 

入ったうどん屋は東京系のお味だった。

 

外国人観光客が多く入ってくる福岡の国際線空港としては、ちょっと寂しい感じがありましたね。

 

免税店は化粧品がそれなりに充実。

アパレルはイッセイミヤケ推しでした。

 

 

タイガーエアの持ち込み荷物は

 

ご搭乗者1名につき体積が54cm x 38cm x 23cm未満の大きさのお手荷物を、合計重量が10キログラムを超えない範囲で2つまで機内にお持ち込みいただけます(手荷物と機内持ち込みスーツケースの合計2つ)。

 

とあります。

 

私のキャリーバック(あのゴロゴロの正式名称はキャリーケースなのかスーツケースなのか知りたい)は縦横の大きさはクリアしていたのですが、幅が制限ギリギリ。というか23センチに完全に一致していました。

 

過去の海外のLCCの経験から、大きさは調べたり調べられなかったり適当かなと思っていたのですが、福岡空港のタイガーエアはめちゃくちゃしっかり調べられます。

 

大きさを測る鉄の入れ物があり、そこにはまらないと合格できません。

さらに重さもしっかり測られます。

 

チェックインカウンターは日本人のお姉さんがいます。

搭乗手続きが進むとお姉さんに荷物はもう測ったか聞かれ、まだだったので荷物をはかるように言われます。

 

大きさを測る鉄の入れ物係は、中国語とカタコトの日本語を話すおっちゃん。

 

なんだか厳しそうでしたが、この人がめっちゃいい人!

 

私が鉄の入れ物に入れると、やはり幅がギリギリで最初(ヤバイ…入らない…お姉さんめっちゃ見てる(><))と思ったのですが、

 

おっちゃんが「OKOK!」と言いながらサッときて荷物をギューっとしてくれて、スポッと入りました。

 

思わず「やったー!!」と自然に叫んでしまう私。

おっちゃんと仲良く会話しました。

 

チェックインカウンターで荷物の中に1リットル以上の液体はありませんか?

と聞かれて、液体はジップロックに入れるように説明がありますが、特にチェックもありませんでした。

 

海外では割とチェックがあるんですけどね。

日本は厳しいのか緩いのかわからないですね。

 f:id:erinakosakana:20171213214345j:image

f:id:erinakosakana:20171213214408j:image

 

機内です。

やっぱりアジア人用のLCCは狭いです。

ピーチとほぼ同じくらいというか、同じ機体かも?という感じでした。

 

座席は

3列 通路 3列で、

WiFi、コンセントなどはありません。

 

機内食も予約のみ受け付け。

2時間30分のフライトなので特に必要もないです。

 

機長さんは日本語のアナウンスをしてくれるので、理解できます。

ただ揺れた時のアナウンスは英語、中国語のみでした。

 

ビックリしたのは搭乗員の緩さ。

飛び立つ前にシートベルトマークがついてても歩き回る客とCAさん…。

 

ベルトチェックもやってるのかやってないのか不明。

 

前の人は狭い中でもスッと座席のリクライニングを使います。

やっぱり日本のLCCとは違います。

というかヨーロッパのLCCとも違う…

どことなく中国を感じましたが、これは行きだけのことでした。

 

台湾に行って知ったのですが、台湾人もあまり中国人が好きじゃないみたいです。

福岡からだったので、中国人のお客さんが多かったのかもしれませんね。

意識ゆるゆるのCAさんは謎でしたが…。

 

ちなみに飛行機の運転は上手かったです。

 

 

12/13

帰りの話ですが台北→福岡に帰る際は、荷物の大きさチェックや水分についての注意はありませんでした。

重さを測る台に乗せられて、シールを巻かれたけど10.9キロでも何も言われませんでした。

 

そして逆に飛行機の中は真面目。

行きがけの緩さが信じられないくらい、CAさんが真面目でした。シートベルトもチェックされました。まあこれが普通なのですが。

 

福岡までは1時間50分。

1時間遅れての出発でしたが、気軽に行ける距離と時間なのでいいですね。

 

台湾旅行楽しかったです。

また行きたい。

 

博多の明太子食べ放題ランチ【料亭 稚加榮】

 

いつか行ってみたいと思いつつ、10年ほどの時が過ぎてしまいました。


ようやく訪問。ランチで和定食(1500円税込)を注文しました。

そば定食(1500円税込)もありましたが、和定食がメジャーみたいです。

 f:id:erinakosakana:20171201000355j:image

チューブの明太子が食べ放題なので、ご飯のおかわりが多いんでしょうね。
有料ですが、おかわりもできるシステムでした。(210円税込)

 

チューブといえど、上品な甘さがある明太子で、一粒一粒がプチっとしています。
さすがは料亭の明太子です。

わたしは東京や大阪にお土産で明太子を持って行くときは、必ず稚加榮の明太子にします。
中洲のママさん達も稚加榮推しの方が多かったです。

 

さてしばらくすると定食が運ばれてきます。1500円とは思えないほどのボリュームと内容です。

f:id:erinakosakana:20171201000105j:image
蟹入りの椀物、
サクサクの天ぷら、
厚みがあるお刺身、
お豆腐、
茶碗蒸し、
魚の煮付け、
香の物

これに明太子が食べ放題で1500円なんて……

f:id:erinakosakana:20171201000153j:image
これほどお得なランチは見たことがありません。

 

ただ観光客に混ざって並ばなくてはならないのが、唯一のネックですね。

福岡人は並ぶのが苦手な方だと思いますが、
また並んででも食べたい!と思えるくらい、一度食べると良さがわかります。

実際、母や祖母に聞いても「並ぶから行かない」と言われてしまいますが、また行きたいと思ってます。
福岡で、誰かを連れて行きたいランチNO1かな!

 

先日2度目の訪問をしてきました。

f:id:erinakosakana:20171201000223j:image
今日は祝日の13時から並びましたが、およそ20分で中に入れました。
後半に行くと、大人数で行くよりも2人で行った方が早く入れる傾向があるみたいです。

ギリギリ、ランチに間に合いましたが、あと10分遅かったら無理そうでした。

とはいえ、祝日の13時でも間に合う事は間に合うんですね。

本日は和定食のみ。
以前は魚の煮付けだったけど、今回は昆布巻きなどでした。

f:id:erinakosakana:20171201000250j:image
魚の煮付けの方が良かったな。
祝日と平日の差とかもありそうですね。

生簀の魚がはねて、外に出るというハプニングもありました。

f:id:erinakosakana:20171201000330j:image

ちなみに目の前の駐車場は提携になっているので、車の方は駐車券をお会計の時に出してください。

何時間無料かは分からなかったけど、そのあと天神をブラブラしていたらきっちり2時間分の料金を取られたので、無料になるのは1〜2時間くらいです。

 

お昼の予約はできませんのでご注意を。